[リストに戻る]

アップルが新しいOSを無料提供へ
過去ログ
名前: 投稿日:2013/10/23(水) No.1

 アップルのパソコン向け最新基本ソフト(OS)、「OS X(テン)マーベリックス」が22日から、無料でダウンロードできるようになった。

 アップルはこれまで、既存のマックユーザーに対するパソコン向けOSの更新を有償で行ってきた。ライバルのマイクロソフトも同じく有償だ。アップルのクレイグ・フェデリギ上級副社長(ソフトウエア開発担当)は22日の新製品発表会で、「パソコンのアップデートに何百ドルもかける時代は終わった」と述べた。

 今夏に初のプレビューが行われた今回のアップデートだが、同社は顧客がパソコンをどう使うかという点で変革を起こそうとはしていない。その代わり、携帯端末向けOS「iOS7」の刷新で新たな波を起こすことにした。




名前: 投稿日:2013/10/23(水) No.2

 アップルは携帯端末向けOSとパソコン向けOSとを、マイクロソフトのようには融合していないが、双方のさらなる統合に取り組んでいる。2010年には「マック・アップストア」を開設しているが、これにはiOSのアップストア向けに構築した技術が多く使われた。同社はまた、テレビ電話の「フェイスタイム」やチャットの「iMessage」といった技術をパソコン向けソフトに組み入れている。

 アップルは新OSマーベリックスで、iBooksとMapsのアプリケーション(応用ソフト)をデスクトップ型とノート型のパソコン向けに導入する。パソコン上での両アプリの見た目と機能の仕方は、iPad(アイパッド)上でのそれとほぼ同じで、もちろん、利用データをパソコンと携帯端末で同期できる。地図アプリは、マックで旅行を計画し、それをiPhone(アイフォーン)に送ってGPS付きのナビにするという使い方もできる。

 また「iCloud(アイクラウド)キーチェーン」という新機能でパスワードの問題にも対処した。アップルによれば、これは顧客のパソコンと携帯端末がクレジットカード番号やウェブサイトのログイン情報などを記憶しやすくするというアイデアだ。同社は、このサービスが安全で、データは定期的に顧客の全デバイス間で同期されるとしている。

 多くの作業が行われたことで、新OS Xの効率性は上がり、見た目も良くなった。この流れで、アップルは便利な機能をいくつか追加した。iMessageアプリを開かなくてもテキストメッセージに応答できる機能や、ファイルにタグを付けて「スポーツ」や「重要」といったカテゴリーに分類できる機能などだ。

 アップルによれば、新OSは先進的な節電技術も擁しており、バックグラウンドで稼働しているプログラムの無駄な電力使用を減らす。例えば、たくさんのアニメーションが含まれるウェブページを閲覧していたときに電子メールを受信し、電子メールの画面でウェブページが隠れるようなときには、その人が再びウェブページを閲覧するまで、コンピューターがアニメの処理速度を下げる。

 同社によると、最新のマックブック・エアに新OSをインストールすると、ウェブサーフィンが1時間余計にできるほか、動画が1時間半余計に見られるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000823-wsj-bus_all

名前: 投稿日:2013/10/23(水) No.3

ウインドウズは不安定でずっと不満だった
ネットの都合でそれでもウインドウズを使うしかなかった
しかしネットもあまりしなくなってスマフォがあれば事足りる今
マックにする時なのかもしれない

アップルが新しいOSを無料提供へをAmazonで見る

同じカテゴリの最近の話題

アップルが新しいOSを無料提供へ


[リストに戻る]

ゆいぽすと(Free)

2951(4)