[リストに戻る]

フジテレビのほこ×たてでやらせが告発される 内容のねつ造や動物虐待発覚
過去ログ
名前: 投稿日:2013/10/23(水) No.1

 フジテレビの人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7・00)に出演した男性が、番組に「やらせ」があったとインターネット上で告発。騒然となっている。記述には動物虐待と受け取れる部分もあり、動物愛護の観点からも波紋を呼びそうだ。フジテレビは23日、デイリースポーツの取材に対し、出演者のネット上での“告発”について把握していることを認め、事実関係については「調査中」とした。

 問題となっているのは、20日に放送された「ほこ×たて」2時間スペシャルの中の対決『スナイパー軍団VSラジコン軍団』。ラジコンカーで出演した広坂正美氏(43)が「今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました」と自身が勤務する会社のHP上で“告発”した。

 広坂氏によると、放送された内容は“スナイパーとラジコンカーの対戦において、スナイパーが銃弾を命中させて勝利”だったが、「この内容は全くの作り物です」と指摘。当初番組で決めていた対決のルールに従えば、最初にラジコンボートが3連勝したため、ラジコンカーもヘリも対決がないまま、ラジコン軍団の勝利が決定し、スナイパー軍団とラジコン軍団の対決は終了するはずだった。

 しかしそれではせっかく用意したラジコンカーとヘリの対決を見せることができない、として、編集者が対決の順番を入れ替えた、と広坂氏は主張。さらに、ラジコンカーは撮影中のアクシデントにより、事実上の対決は中止となっていたにもかかわらず、放送では、ラジコンカーがスナイパーに撃たれて負けた事にされたことなど、“演出”が加えられていたという。

 さらに、放送上は男性のクリスさんがスナイパーということになっていたが、実際には、女性スナイパーのレアさんだったという。

 広坂氏は20日の放送分について「内容を偽造して編集したもの」と怒りをあらわにしている。




名前: 投稿日:2013/10/23(水) No.2

 また、放送直前に制作会社の担当者から編集内容を知らされ、「あまりにも事実を曲げられていた」ため、「もしこの内容で放送された際には、事実を発表します」と内容を偽造しないよう忠告していたことも明かした。

 ラジコン界のカリスマ的存在である広坂氏は、今回を含め、同番組に3度出演しており、うち2012年10月21日に放送された「猿VSラジコンカー」では、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうため、「釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした」と暴露した。

 猿に対して釣り糸を巻き付けた行為は、動物虐待にあたる可能性もある。

 これまでは「ラジコンの認知度を上げたい。ラジコンを普及させたい」との思いで番組に出演してきたという広坂氏。番組当初の企画には、多大なる敬意を払った上で、「昨今では余りにもひどいやらせ番組に成り下がってしまった」ために、今回の“告発”に至ったと説明した。

 また最後に、「フジテレビさんには放送開始当初の輝いていた人気番組『ほこ×たて』の再興を強く願っております」と記している。

 「ほこ×たて」は2010年10月のギャラクシー賞(※優れたテレビ番組に贈られる賞)の「月間賞」を受賞している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000056-dal-ent

名前: 投稿日:2013/10/23(水) No.3

これCM観て興味あったんだ
見逃して正解だった

名前: 投稿日:2013/10/24(木) No.4

 フジテレビは24日、人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7・00)の27日以降の放送を取りやめると発表した。

 同局は報道各社にファクスを送り、20日に放送された同番組の「1コーナーで収録の順番や対戦の運営方法について、不適切と思われる演出が確認されましたので」と理由を説明。今後は「事実関係を調査し、視聴者のみなさま、ご協力いただいた出演者のみなさまからの信頼にお応えできると判断するまで、当面放送は自粛する」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131024-00000061-dal-ent

名前: 投稿日:2013/10/25(金) No.5

打ち切りじゃないの?

名前: 投稿日:2013/10/25(金) No.6

 フジテレビは24日、人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7時)の20日の放送で不適切な演出があったとして27日以降の放送を取りやめると発表した。出演した模型メーカー勤務の広坂正美さんが会社のホームページで告発した“ねつ造”疑惑を認めた形で、関係者は今後に関して「打ち切りも含めて検討している」と話し、このまま打ち切りとなる可能性が極めて高くなった。

 「ほこ×たて」は故事成語「矛盾」にちなみ、相反する特徴を持つ2つのものが戦う内容の人気番組。過去には「絶対に穴が開かない金属」対「どんなものでも穴を開けるドリル」などがあった。

 20日の放送ではラジコンカー世界選手権で18年連続優勝経験を持つ広坂さんが操縦するラジコンカーが、元軍人のスナイパーから逃げることができるか、などの内容だった。放送ではラジコンカーが負けたのだが、23日に、広坂さんが番組内容を「全くの作り物」と怒りをあらわにした。

 広坂さんによると、内々で「最初の1分間はラジコンカーに弾を当てない」という約束だったが、開始数秒でスナイパーがラジコンカーを撃破し対戦中止。しかし放送ではスナイパーが別人に代わり、広坂さんの負けに編集されたという。

 また番組では昨年10月、猿が広坂さんの操るラジコンカーを捕まえられるかという企画を放送。狭いスペースで、猿が車を間隔を保ったまま追い続けるシーンがあるが、広坂さんによると、猿が車を追わないため首と車を釣り糸で結んで走らせたという。

 収録は9月18〜22日に米国で行った。スタッフは11人すべて制作会社だった。スタジオ収録は同30日だったので、編集はその間に行われた。フジテレビは今月23日からこの日にかけて、石川綾一プロデューサーが現在海外出張中の広坂さん、模型メーカーの社長、制作会社スタッフに電話でそれぞれ事情を聞き、広坂さんの言い分が事実だと確認。27日以降の放送を取りやめることを決め、放送倫理・番組向上機構(BPO)に報告した。代替番組は「美川・はるな愛のぶらり旅・長瀞へSL列車で行っちゃいました。松茸もあるヨSP」に決まった。

 スポンサーへの対応についてフジテレビは「(放送中止を午後)6時過ぎの会議で決定したばかりで、現在協議中」とした。

 騒動に巻き込まれた模型メーカーは告発文を掲載したホームページも閲覧できない状態。ある社員はこの日、「問い合わせが殺到して業務に支障が出ており、コメントしません」と戸惑いを隠せなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000019-sph-ent

名前: 投稿日:2013/10/26(土) No.7

 新たに発覚したのは、昨年10月21日放送の「絶対に捕まえられないラジコンカーVSどんな物でも捕まえる猿軍団」。猿を調教した出演者によると、猿が疲れて無線操縦車を追いかけるのをやめてしまうと、ディレクターが「これでは映像が使えない」と車と猿を糸で結び、追いかけるように見せる方法を提案。出演者は「そこまでやる必要があるのか」と断ったが、「番組が成立しなかったらどうする」と高圧的に言われ、引き受けたという。

 出演者は「やり過ぎだ」と話している。フジテレビ広報部は「調査中でコメントできない」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000200-yom-ent

名前: 投稿日:2013/10/30(水) No.8

 フジテレビのバラエティー番組「ほこ×たて」に不適切な演出があったとして放送を自粛している問題で、同局は30日、過去に放送された同番組の内容にも行き過ぎた演出があったことを明らかにした。

 問題があったのは2011年10月と昨年10月に放送された無線操縦の車とタカや猿との対戦。タカが追いかけやすいよう車をゆっくり走らせたり、釣り糸を猿の首に巻き付けて猿が車を追いかけているように見せたりする演出があったと、出演した男性が勤務先のホームページで指摘していた。同局は社内調査の結果、演出が事実だったと認め、「動物に大変配慮の欠けた行為に深く反省しています」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000040-asahi-soci

名前: 投稿日:2013/11/01(金) No.9

 フジテレビは1日、出演者からの“やらせ告発”を受け、放送を見合わせていたバラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、午後7・00)の放送終了を決定した。報道各社宛のファクスで明らかにした。

 同番組を巡っては、10月20日に放送された「ほこ×たて 2時間スペシャル」内の「どんな物でも捕らえるスナイパー軍団VS絶対に捕らえられないラジコン軍団」のコーナーに出演したラジコンカー世界王者の広坂正美氏が、放送後の23日にインターネット上でやらせを告発。過去に出演した際にもやらせ演出があったと指摘していた。

 これを受け、社内調査を行っていた同局は、この日ファクス書面で「出演者の方からご指摘頂いた番組の順番や、対戦の運営に関する経緯は、大筋において事実であり不適切な演出があったことが、社内の調査で確認されました」と報告した。

 また広坂氏が指摘していた12年10月21日放送分「どんな物でも捕らえる猿VS絶対に捕らえられないラジコンカー」などでは「不適切な演出と、動物に対する配慮に欠けた撮影が行われていたことが確認されました」と説明した。

 この調査結果を踏まえ同局は「視聴者の皆様の期待と信頼を裏切る行為が確認された以上、真剣勝負を標榜している番組の継続は不可能と判断し、今後の『ほこ×たて』の放送終了を本日決定致しました」とした。

 また今回の調査結果内容は、同日にBPO放送倫理検証委員会に報告書を提出したという。調査は今後も引き続き継続し、再発防止を徹底するため、対策委員会の設置や、識者を講師とした「コンプライアンス懇談会」を開催する。

 最後に「視聴者の皆様、真摯にご協力頂いた出演者の皆様の信頼を裏切る結果となってしまいましたことを深く反省し、心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000067-dal-ent

名前: 投稿日:2013/11/02(土) No.10

 10月20日の放送に不適切な演出があったとして、27日以降の放送を見合わせていたバラエティー番組「ほこ×たて」(日曜・後7時)について、フジテレビは1日、打ち切りを発表した。出演者がホームページ(HP)で告発した3件の不適切演出を認めたほか、新たに3件が見つかった。同局は「番組は真剣勝負を掲げており、継続は不可能と判断した」としている。

 昨年10月21日放送の「絶対に捕まえられないラジコンカーVSどんな物でも捕まえる猿軍団」で、猿の登場シーンに過剰な演出があった栃木・日光市の「日光猿軍団」の間中敏雄校長は、この日までにフジテレビと制作会社からの謝罪と打ち切りの報告があったことを明かした。

 問題視されたのは、疲れてラジコンカーを追いかけるのをやめた猿と車を無理やり糸で結び、追いかけるように見せていた演出。間中校長は「もうおわびしていただいたことですから」と言葉少なだったが「(撮影時は)2回ぐらい大げんかした。このひどいやり方では必ず問題を起こすと思っていた」と振り返った。

 収録で猿は引きずられ消耗しきっていたが、現在体調は問題ないという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000037-sph-ent

無題 名前:名無し 投稿日:2013/11/07(木)21:59 No.11

フジテレビの人気バラエティ番組『ほこ×たて』でやらせ演出が発覚した問題について、当のフジテレビ社員たちの間でも賛否の声が上がっている。

中堅ディレクターA氏が語る。

「正直、対決の順番を入れ替えたり、ゆっくりと車を走らせてもらうぐらいのことは日常的に行なわれている演出のひとつ。これをやらせと言われたらキツい。ただ、ラジコンカーを強引に負けさせたことと猿の一件はやりすぎ。モラル的に許されないでしょう」

一方、若手社員B氏はこう話す。

「フォローが甘かったんだと思う。過去に2回、ラジコンの人が“過剰な演出”を受け入れてくれたから、今回も大丈夫だとタカをくくっていたんじゃない? 丁寧に交渉すれば、こんな結果にならなかったはず。もったいない」
まるで運が悪かったと言わんばかりの口ぶり。ふたりともどこか他人事(ひとごと)である。

やらせといえば、07年に下請けの制作会社がデータを捏造して打ち切りになった『発掘!! あるある大事典?』(関西テレビ制作)が思い出されるが、『ほこ×たて』も制作会社に丸投げだった。

上智大学新聞学科(メディア論)の碓井広義(うすい・ひろよし)教授が指摘する。

「フジの番組作りを見ていると、いまだに自分たちが時代をリードしていると勘違いしていて、さらに視聴者を見下しているフシがある。今回のやらせが顕著な例。過去の栄光にすがり、成功体験の権化みたいな人たちがトップに居座っている限り、体質はまだまだ変わらないんじゃないでしょうか」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131105-00022880-playboyz-soci

無題 名前:名無し 投稿日:2013/11/29(金)18:59 No.12

 フジテレビの定例会見が29日、東京・台場の同局で開かれ、亀山千広社長(57)が、バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜後7・00)が不適切な演出があったとして打ち切りとなったことについて、謝罪した。

 亀山社長は会見冒頭に「まずはおわびを申し上げたいと思います。視聴者、番組に出演してくださった出演者、あの番組は一般の企業、個人の方の協力がないと成り立たない番組ですので、その皆さんに、そしてスポンサーにも申し訳ないと思っています」と謝罪。続けて「テレビ番組には演出は不可欠ではある」としながらも「バラエティー番組とはいえ、真剣勝負を売りにしている番組。こういうことでは番組の信頼性を担保できない。一番厳しい決定ではあるが、打ち切りということにした」と番組終了の経緯を説明した。

 今回の問題について「(番組の)企画としては素晴らしいと思っている。ただ、当初から矛盾、真剣勝負を扱っていくことを考えると、矛盾ってそんなに世の中にネタが転がっているのか、真剣勝負にはたったの1秒で終わったり、決着がつかない場合もある。それを知恵を使って面白く見せていくという技術は培われずに、ただ盛り上げるという演出に走ってしまったことが残念。企画は良いが、発明や発見ができないで終わってしまったということ。また、一般の方がテレビに出演した場合に、配慮がちゃんとなされていたのか。これはすべての番組に当てはまること。今回だけで限らず、ずっと検証していくべきものだと思う」と神妙に話し、「社内としては番組の在り方を議論するいい機会。検証を含めて、再発防止の委員会を設置し、セミナーなどを行い、議論し合っていく」と再発防止に取り組んでいく姿勢を示した。

 “不適切な演出”ではなく“やらせ”ではないのかとの厳しい質問も飛んだが、「“やらせ”という言葉の使い方も議論した」とし、「勝敗を決めてやったものではないので、“やらせ”ではなく、過度な演出だと思う。ただ、この番組においてはあってはいけない行為だとは思う」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000111-spnannex-ent

無題 名前:名無し 投稿日:2013/11/29(金)20:00 No.13

は?

無題 名前:名無し 投稿日:2013/11/29(金)20:55 No.14

どう考えてもやらせだろ
これまた同じ罪を犯すぞ

無題 名前:名無し 投稿日:2013/12/27(金)11:58 No.15

 フジテレビは26日、収録した順番を入れ替えて放送するなど不適切な演出を理由に11月に放送打ち切りとなったバラエティー番組「ほこ×たて」について、5人を処分したと発表した。処分は同日付。減俸が大多亮、港浩一常務取締役。減給が立松嗣章編成制作局編成部長、宮道治朗バラエティー制作部長、石川綾一チーフプロデューサー。

 同番組については放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、審議対象とすると決めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000005-sanspo-ent

フジテレビのほこ×たてでやらせが告発される 内容のねつ造や動物虐待発覚をAmazonで見る

同じカテゴリの最近の話題

テレビ朝日の社員が1億4000万着服

北海道のテレビ局が別人の映像使う


[リストに戻る]

ゆいぽすと(Free)

3234(25)